時計の撮影方法 | 商品撮影セット「フォトラ」

時計の撮影方法

時計や金属製品の撮影では、金属やガラスに光源が反射したり写り込みが発生するので、撮り方に工夫が必要になります。
・通常の撮影
通常撮影例
↑フォトラを通常通りに使用した場合
t2a
↑光が強すぎるせいで、時計のガラスパネルが光りすぎてしまい、文字盤が見えにくくなっています。
こんな時は、フォトラに付属しているディフューザーを使用して照明の光を弱くして撮影してみましょう。
・ディフューザー使用の撮影
ディフューザー使用時
↑黒のディフューザーをフォトラに装着しました。
前面からの光が弱くなりました。
t4a

ガラスパネルの写り込みが無くなって、

文字盤がはっきり見えるようになりました。

 

被写体のテカリや反射が気になる場合には

専用ディフューザーを使用しましょう。

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z48

 「撮影初心者なので、最低限必要と思われたツールがセットになっていて助かった」

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z57

 「楽しみながら撮影ができる優れモノ」

 

 

時計・雑貨のギャラリーを見る

 tg7   t8a

 

2. 時計の撮影方法 透過光

フォトラの使い方を工夫して、写真を演出してみましょう。
透過光

↑1台のフォトラを横に倒しアクリル板などを置いて,

その上に時計を置いてみます。

 

1台は下から光を当てて、もう1台は通常通りに置いて

全体を照らします。

t6a

時計の下方から光が当たっているので、

浮き上がっているような印象になります。

 

※画面が暗くなりやすいので必ず露出補正をしましょう

 

hs5a hs4a

透過光はアクセサリーや宝石などの撮影でも効果を発揮します。

 

▲このページの先頭へ

 

Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.