フォトラの基本 | 商品撮影セット「フォトラ」

商品撮影のコツ (フォトラの基本)

フォトラは2台セットで他の照明にはない形状なので、

独自の使い方がたくさんあります。

 

置き方など基本を抑えたら、色々試して撮影を楽しんでください。

・フォトラの置き方

・台を使う

・三脚を使う

・カバーを活用する

・ディフューザーを活用する

・透過光を使う

 

フォトラの置き方

●通常の置き方=商品をキレイに写す。
(影を薄く商品を際立たせる方法です)
撮影例
フォトラ①で被写体全体を明るく照らし、フォトラ②で影を薄くします。
●立体感を出す=半逆光を使う(料理など)
撮影例
フォトラ①を被写体の奥に置き、フォトラ②で正面を照らすと、左正面は明るく、右正面には影ができ、立体感が作りだせます。
特に料理撮影の基本とされる方法です。
●全体的に明るい写真を撮る=背景紙を照らす。
撮影例
フォトラ①で被写体を照らし、フォトラ②で背景紙を照らすと光が当たるので画面全体が明るい写真になります。

台を使う

●直置き
真横から光が当たるので強い光になり、光と影のコントラストが強くでます。また、大きな物を撮る時は上部に光が当たりづらくなります。

直置きで撮影例
腕や足部分に光が強く当たり、頭頂部に影ができています。
●台に置く
上からの光が当たるので、平均した光になります。
※10cm~20cmの安定した台を御使用下さい。
台を使った撮影例
被写体の頭頂部にも光が当たっています。
●背景の高さ
大きいものを撮影する時は、背景の高さが標準だと約27cmしか無いので、背景紙の高さも上げる必要があります。

三脚を使う

三脚を使うと、上から光を当てる事で全体に光が回ります。
また三脚を使用する事でフォトラ自体の角度の調整が可能になります。
※フォトラ下部に三脚取付穴が付いています。
●三脚を使用した例

カバーを活用する

フォトラ本体の「カバー」は、レフ板の役目と、ライトの光を調整する働きがあります。
カバーの開閉具合で光量の調整ができます。

ディフューザーを活用する

反射する物の場合、黒のディフューザーを使い、カバーからの光だけにすると光の調整がしやすくなります。
通常時
フォトラ全体が写りこんでしまう。
黒ディフューザー使用時
上部の写り込みだけになる。

透過光を使う

フォトラの上にアクリル板などの透明な板をおき、その上にアクセサリーやガラス製品をおくと、下からの光で幻想的なイメージの写真が撮影できます。
フォトラは2台が標準装備なので1台は下からの照明、もう1台は横からの照明と色々なシチュエーションでの撮影を可能にします。
光を透過するアクセサリーが下からの光で幻想的に輝いています。
▲このページの先頭へ

Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.