食べ物の撮影方法(スイーツ) | 商品撮影セット「フォトラ」

スイーツお菓子の写真撮影方法

スイーツお菓子の写真撮影方法

スイーツは撮りかたしだいで美味しそうにもマズそうにも変化致します。

撮り方を工夫して美味しそうな写真撮影ができるようになりましょう。

 

・半逆光を使う
・ホワイトバランスを使う
・演出する

半逆光を使う

ケーキを撮影します。

明るく写そうと、フラッシュを使って撮影すると反射が強すぎて、

とても美味しそうにみえません。

背景もごちゃごちゃしているので主役が何かわかりにくいですね。

それではフォトラを使って撮影します。

料理など食べ物を撮影する場合、

立体感を出す為に下の図のような配置で撮影を行います。

002-s

フォトラ①を被写体の奥に置き、立体感を出します(手前に影を作る)。

 

フォトラ②で正面を弱めに照らします(半逆光)。

※被写体と距離を出したり、ディフューザーを使用

※ここでは2のフォトラ(手前)に黒ディフューザーを使用しています。
※グレーの背景紙(セット品)使用。
sweets 1a
半逆光を利用した写真です。

被写体を挟んで反対位置に照明を置くことで

手前に影ができて立体感がでています。

ケーキやいちごの奥にテカリがでる事で

みずみずしさも表現できています。

このように料理撮影では半逆光を使うのが撮影の基本です。

 

ホワイトバランスを使う

料理を撮影した時に、色が青みがかったり

本来の色が再現できないで、

マズそうに見えてしまう経験はありませんか?

そんな時はカメラの「ホワイトバランス機能」を使用しましょう。

「フォトラ」を半逆光にして撮影しています。

 

sweets 1HB1a
ホワイトバランス「蛍光灯」に設定
sweets 1HB2a
ホワイトバランス「白熱電球」に設定
ホワイトバランスの設定が合っていないと青みがかって美味しそうに見えません。
sweets 1a
ホワイトバランスの設定を「オート」にしました。
ケーキの本来の色が表現されていてとても美味しそうです。

デジカメの種類や被写体によってホワイトバランスの設定が変わるので、

全ての料理撮影が「オート」の設定が良いわけではありません。

 

美味しそうな色が表現出来るまで、

ホワイトバランスの設定を変化させてみましょう。

※使い方がわからない場合は、

「お持ちのカメラの名前+ホワイトバランス」で

ネット検索すると使い方が出てきます。

 

演出する

半逆行とホワイトバランスを使うことで素材そのものは

美味しそうに撮影できました。

 

sweets 1a

しかしまだカタログのような寂しい印象の写真です。
sweets br1a
背景をグレー(セット品)からブラウンの紙に変更してみましょう。
雰囲気がグッと変化しました。
sweets br2a
ケーキらしい小物を添えてみました。
sweets bl1a
今度は背景を黒に変更しました。
イメージが変わり、高級な雰囲気になりました。
sweets bl3a
アップにしてみました。
sweets pk1a
背景をピンクに変更です。
一気に明るく華やかになりました。
sweets pk2a
お花も添えました。

背景紙を変えたり、色々な小道具を使う事で

写真の印象を大きく変えることができます。

 

撮りたいイメージに合わせて演出を工夫してみましょう!

ケーキ撮影協力:いちご亭

 

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z17

「朝も夜も関係なく撮れるところも良いです。」

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z55

「ずいぶん楽に、求めていた写真が撮れるようになりました」

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今までの手間が考えられないほど良い写真が撮れます!」

 

 

 

フォトラを体験&徹底活用してみませんか?

 

実際に見て・触って・撮影していただける、
体験&徹底活用セミナーを開催しています。(毎週木曜14時~)

 

セミナーの詳しいご案内はこちら

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.