アクセサリー・ジュエリー写真撮影7つのテクニック | 商品撮影セット「フォトラ」

アクセサリー・ジュエリー写真撮影 7つのテクニック

アクセサリージュエリー写真撮影

 

アクセサリー・ジュエリーの売上げは写真によって大きく変化します。
アクセサリー・ジュエリーの撮影方法をマスターしてかんたん・キレイに
写真撮影できるようになりましょう!

 

アクセサリージュエリー撮影7つのテクニック

アクセサリージュエリー撮影

 

 

 

1 背景をキレイにしよう 

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 背景をキレイにしよう

 

背景をキレイにしよう

アクセサリー撮影をする時、背景に余計なモノは写っていませんか?
せっかくの綺麗なアクセサリーも背景がごちゃごちゃしていると
台無しになってしまいます。

背景をキレイにしよう

ac5

まわりをすっきりさせて、アクセサリー・ジュエリーだけを
写真に写るようにしましょう。

 

すごく当たり前のことかもしれませんが、

効果は大きいです。

 

2 三脚を使おう   

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 三脚を使おう

 

商品撮影をする時に、デジカメを固定せずに

手持ちのまま撮影すると手ブレが発生し、

商品の輪郭がぼやけたり本来の色が再現出来なくなります。

 

カメラを三脚に固定して手ブレを防止しましょう。

 

三脚を使おう

↑三脚を使用しないで撮影しました。

最近のデジカメは手ブレ補正機能でかなり手ブレが防げますが、

商品の輪郭がくっきりと出ない場合があります。

 

三脚を使おう

 

三脚を使う主な理由はカメラを固定して手ブレを防ぐ事ですが

カメラアングル固定できるため、

構図や商品の配置を微調整するのにも役立ちます。

 

またISO感度を低く設定してよりくっきりとした

写真を撮影することも出来るので、

三脚は必ず使用しましょう。

 

ISO感度とは?~ALL ABOUTデジタルカメラにおけるISOとは?~

 

 

3 露出補正を使おう   

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 露出補正を使おう

 

 

ac8

 

アクセサリーやジュエリーを撮ると実物より暗く写る経験はありませんか?

 

これはデジカメの自動露出機能で白い(明るい)モノは暗く、

黒い(暗い)モノは明るくしてしまうからです。

特にアクセサリージュエリー撮影では、被写体自体の輝きや光の反射によって

カメラが明るいと判断してしまい、画面全体を暗く補正してしまうことが多いです。

 

そんな時には露出補正機能(手動)を使用します。

(コンパクトデジカメの多くはメニューの中で

「露出補正」を設定します。

1眼レフや高機能のデジカメではボタンで

簡単に露出補正が設定できます)

 

数字を+方向に調整すれば写真は明るくなります(プラス補正)。

基本的にアクセサリー関係は明るく撮れていた方が綺麗に、

商品価値も 高く見えるので、明るく補正しましょう!

 

ac10

↑露出補正+0.3(この数値が大きいほど明るくなります)

 

アクセサリージュエリー撮影

↑露出補正+0.7

最初の写真から比べると格段にキレイに見えます。

 

撮影した写真がなんとなく暗く感じたら

デジカメの露出機能を使ってみましょう!

 

4 ホワイトバランスを設定しよう   

アクセサリージュエリー写真撮影 ー ホワイトバランスを設定しよう

 

 

デジカメやスマホのオートで撮影するとアクセサリー&ジュエリーの色が

見た目と違って撮影されてしまう経験はありませんか?

 

そんな時はホワイトバランスを設定しましょう。

下の写真は全てフォトラ使用の同じ条件で

ホワイトバランスの設定を変えて撮影した物です。

 

ac11hk

↑白色蛍光灯

 

ac12hd

↑白熱電球

 

ac13tk

↑太陽光

 

 

ホワイトバランスの設定を変えても色が出ない場合は、

マニュアル設定をトライしてみましょう。

デジタルカメラに白い紙(出来るだけ真っ白)の紙を当てて、

カメラに白を覚えさせます。機種によってやり方が違うので、

「お持ちのデジカメ」+「ホワイトバランス」+「マニュアル設定」

で検索する設定方法が出てきます。

 

ac14m

↑マニュアル設定で撮影

 

5 被写体から離れて撮影しよう(ゆがみ防止)  

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 被写体から離れて撮影しよう

 

 

アクセサリー撮影をする時、迫力のある写真にするために

被写体に近づいて撮影した経験はありませんか?

 

これは大きな間違いです

 

近づいてズーム機能を広角(W)にして撮影すると、

商品の形が歪んで写ってしまい、

キレイな写真にはなりません。

 

ゆがみ防止

 

ac15

↑全体がゆがんで正確な形が撮影できていません。

 

 

ゆがみ防止

↑被写体から遠ざかってズーム機能を望遠(T)にして撮影します。

 

ac16

↑ゆがみが少なくなり、立方体の形状がより正しく再現できます。

 

微妙な違いに見えるかもしれませんが、

実物と比べてみるとより違いがはっきりとわかると思います。

 

アクセサリー・ジュエリー撮影の際は

「遠ざかって望遠(T)で撮影」が基本です。

 

6 背景を変えてみよう  

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 背景を変えてみよう

 

 

背景紙の色や素材を変化させると、アクセサリーやジュエリーの印象が大きく変化します。

被写体のイメージに合わせて背景を変えてみましょう。

 

100円ショップは背景素材の宝庫です。

ラッピング紙や画用紙、布や皮などの素材を使って商品価値の高い写真を撮影できます。

 

 ac17

↑大理石調の画用紙

 

ac18

↑布模様の画用紙

 

ac19

↑金色のラッピング紙

 

ac20

 ↑黒(ツヤあり)画用紙

 

7 小物を使って演出しよう

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 小物を使って演出しよう

 

 

アクセサリーやジュエリー写真は、小物などの演出を加えると

よりいっそう魅力的で 高級感の高い写真が撮影できます。

 

小物を使って演出しよう

 

ac30

↑皮の上に珊瑚の小道具

 

小物を使って演出しよう

 

ac34

↑布を使って立体的に見せる。

 

 hs4a

フォトラの上にアクリル板などの透明な板をおき、

その上にアクセサリーやガラス製品をおくと、

下からの光で幻想的なイメージの写真が撮影できます。

フォトラは2台が標準装備なので

1台は下からの照明、もう1台は横からの照明と

色々なシチュエーションでの撮影を可能にします。

 

hs5a

↑光を透過するアクセサリーが下からの光で幻想的に輝いています。

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z43

「今までうまくいかなかったライティングなどが、グンとよくなりました」

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z27

「カメラ初心者の私でも、簡単にアクセサリーショップの商品画像並の写真が撮れました。」

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z5

「『国産らしさ』を感じました」

 

 

 フォトラを体験&徹底活用してみませんか?

 

実際に見て・触って・撮影していただける、
体験&徹底活用セミナーを開催しています。(毎週木曜14時~)

 

セミナーの詳しいご案内はこちら

 

 

▲ホームへ戻る  ▲このページの先頭へ

 

Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.