半逆光を使う | 商品撮影セット「フォトラ」

半逆光を使う

パックのすしを撮影します。明るく写そうとフラッシュを使って撮影すると、反射が強すぎてとても美味しそうにみえません。
フォトラを使って撮影しました。
せっかくフォトラを使用してもフラッシュ撮影と同じように、カメラと照明が同じ方向(順光)からでているので、影が商品の向こう側に落ちてしまい、立体感がなく全体的にのっぺりとした写真になります。
料理など食べ物を撮影する場合、立体感を出す為には図のような配置で撮影を行います。
1のフォトラを被写体の奥に置き(手前に影をつくるため)、立体感を出し、2のフォトラで正面(半逆光)を照らします。
※この撮影では、2のフォトラに黒ディフューザーを使用しています。
半逆光を利用した写真になります。
被写体を挟んで反対位置に照明を置くことで手前に影ができ立体感ができ、奥にはテカリがでてみずみずしさも表現できます。
このように料理撮影では半逆光を使うのが撮影の基本です。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.