台を使う | 商品撮影セット「フォトラ」

台を使う

●直置き
真横から光が当たるので強い光になり、光と影のコントラストが強くでます。また、大きな物を撮る時は上部に光が当たりづらくなります。

直置きで撮影例
腕や足部分に光が強く当たり、頭頂部に影ができています。
●台に置く
上からの光が当たるので、平均した光になります。
※10cm~20cmの安定した台を御使用下さい。
台を使った撮影例
被写体の頭頂部にも光が当たっています。
●背景の高さ
大きいものを撮影する時は、背景の高さが標準だと約27cmしか無いので、背景紙の高さも上げる必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.