フォトラ 開発秘話1 ~幸運な出会い~ | 商品撮影セット「フォトラ」

フォトラ 開発秘話1 ~幸運な出会い~

「フォトライトボックス・フォトラ」のデザイン開発について語るには、大里化工との出会いからはじめなければならない。平成22年12月「フォトラ」発売から遡ること4年半前の平成18年8月に大里化工と出会った。
木全が独立後、初めて講師を務めた墨田区主催のデザインセミナーにゲストスピーカーとして、大里化工の谷重樹さんに来ていただいたのだ。実は、平成18年6月に「中小企業のデザインコンサルタント」として独立し、最初に出会った中小企業が大里化工だった。
大里化工はBtoBの樹脂射出成形が主要業務の中小企業だが、中小企業には珍しくデザインの本当の重要性を理解していた。
というのは、木全と出会う以前から、オリジナル商品「パソコンコード収納ケース」や「iPodケース」の製造販売、ホームページ「商品開発お手伝いサイト」「ゼロからわかるプラスティック」の運営、テレビ番組「日産ニューデザインパラダイス」の試作品制作などを行い、日頃からデザイン実務やデザイナーと接していたからだ。
大里化工は、いつでも「フォトラ」を開発できる状態になっていた。
最初の出会いからしばらく後、平成20年6月に、木全が講師を務める「売れる製品開発道場」(財団法人東京都中小企業振興公社城南支社主催)に大里化工が「フォトラ」の原案を引っさげて参加した。
「製品開発道場」は半年間16回の講義で、参加企業の商品デザイン開発のお手伝いをする。そして、商品化の可能性が高ければ、「製品開発道場」から引き続き、「商品化実践道場」という形で、助成金申請からデザイン開発、販路開拓までのサポートを行う。

↑商品開発道場で製作した試作品
もちろん、「フォトラ」は筋の良い企画だったため、「商品化実践道場」に進んだ。そのとき、大里化工から、デザインアドバイザーとして木全を指名していただいたのだ。
出会いから2年半後のことだ。
デザインの重要性を理解し、筋の良い企画を持った中小企業との出会い。中小企業のデザインコンサルタントにとって、こんな「幸運な出会い」はめったにあるものではない。ありがたいことだと思っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.