商品撮影のコツ ~背景を考える①~ | 商品撮影セット「フォトラ」

商品撮影のコツ ~背景を考える①~

商品写真で最も大事なのは、なんといってもその商品の写り方です。

 

しかし、写真の画面上に商品だけが写るということはなかなかありません。

商品の後ろ、つまり背景が映りこんでいます。

a3

 

この背景を工夫して撮影するだけで、

商品自体のイメージを変える事ができます。

 

 

パンを撮影しました。

↓テーブルで撮影したもの(フラッシュ使用)

 

 Exif_JPEG_PICTURE

 

↓背景紙を使って撮影したもの(フォトラ使用)

025-img_0534-05071-0-jpg-1

 

もちろん、照明の違いもありますが、

背景紙の有無でこんなにも仕上がりが変わります。

 

背景紙を一枚引くだけで
被写体以外の余計なものや
テーブルと壁の境目などもなくなり

被写体が主人公」の写真が撮れます。

 

逆に言えば、ごちゃごちゃ室内やテーブルの上も
背景紙一枚で全部隠してしまうことができます♪

 

 ac22

背景紙・被写体・カメラのポジションはこんな感じです。

(背景紙はフォトラ付属の背景紙台にセッティングしています)

 

背景紙に曲線を作るのは、背景に境界線ができないようにするのが目的です。

こうすることで商品に焦点があった写真が撮影可能です。

 

 商品を主役にした写真を撮る為には、背景紙を使いましょう。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.