3 露出補正を使おう    | 商品撮影セット「フォトラ」

3 露出補正を使おう   

アクセサリージュエリー写真撮影 ー 露出補正を使おう

 

 

ac8

 

アクセサリーやジュエリーを撮ると実物より暗く写る経験はありませんか?

 

これはデジカメの自動露出機能で白い(明るい)モノは暗く、

黒い(暗い)モノは明るくしてしまうからです。

特にアクセサリージュエリー撮影では、被写体自体の輝きや光の反射によって

カメラが明るいと判断してしまい、画面全体を暗く補正してしまうことが多いです。

 

そんな時には露出補正機能(手動)を使用します。

(コンパクトデジカメの多くはメニューの中で

「露出補正」を設定します。

1眼レフや高機能のデジカメではボタンで

簡単に露出補正が設定できます)

 

数字を+方向に調整すれば写真は明るくなります(プラス補正)。

基本的にアクセサリー関係は明るく撮れていた方が綺麗に、

商品価値も 高く見えるので、明るく補正しましょう!

 

ac10

↑露出補正+0.3(この数値が大きいほど明るくなります)

 

アクセサリージュエリー撮影

↑露出補正+0.7

最初の写真から比べると格段にキレイに見えます。

 

撮影した写真がなんとなく暗く感じたら

デジカメの露出機能を使ってみましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.