スプーン・フォーク編 | 商品撮影セット「フォトラ」

スプーン・フォーク編

カップと同じように、カメラを写りこまない位置にして、

部屋を暗くしています。

 

スプーンなどは上を向いているので天井の蛍光灯などが写りこんでしまいます。

スプーンの撮影例1
↑フォトラを通常通りに使用した場合
ki1
↑ところどころにフォトラの白い光が写りこんでいます。

こんな時は、フォトラに付属しているディフューザーを

使用して照明の光を弱くして撮影してみましょう。

スプーンの撮影例
↑黒のディフューザーをフォトラに装着しました。
前面からの光が弱くなり、カバー部分からの間接的な光になりました。
ki3

写りこみが改善され、金属特有の輝きが見えるようになりました。

写りこみをなくして撮影するにはトレーシングペーパーを

使用して全体を柔らかい光で包んであげましょう。

スプーンの撮影例3
被写体とフォトラの間に、トレーシングペーパーを展開します。

今回は針金を使ってドーム状に形を作りました。

トレーシングペーパーは文具店で安価で売っているので、調達してみましょう。

ki6

スプーン全体に光が柔らかく写っていて、

金属ならではの光沢が表現出来ています。

 

フォトラの位置を変化させることで、

光沢の位置も変化しますので撮影したいイメージに合わせて

位置を変化させてみましょう。

 

 

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z48

 「撮影初心者なので、最低限必要と思われたツールがセットになっていて助かった」

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

20150413-2

 

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

20150130-1

「写真のクオリティが圧倒的に上がった」

 

【 お客様がフォトラを使って撮影しました 】

cb-z57

「楽しみながら撮影ができる優れモノ」

 

 

フォトラを体験&徹底活用してみませんか?

 

実際に見て・触って・撮影していただける、
体験&徹底活用セミナーを開催しています。(毎週木曜14時~)

 

セミナーの詳しいご案内はこちら

 

撮影ギャラリー
・機械、工業系
・時計、雑貨系
▲このページの先頭へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.