ディフューザーを活用する | 商品撮影セット「フォトラ」

ディフューザーを活用する

反射する物の場合、黒のディフューザーを使い、カバーからの光だけにすると光の調整がしやすくなります。
通常時
フォトラ全体が写りこんでしまう。
黒ディフューザー使用時
上部の写り込みだけになる。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2001-2013 Oosatokakou, Ltd. All Rights Reserved.